ガスレビュー
GASREVIEW Articles

No.776 2013年09月15日

分析技術
8

分析用アルゴン、福島県に現場出動

大気中放射性物質分析に利用。13年秋、14年秋の2回実施

気象庁の付属研究機関である気象研究所では、福島原発事故以降の大気汚染の状況を分析する為、アルゴン利用の気体試料導入装置およびICP―MSを用いた、福島県下での現場分析を計画。その背景、目的、計画内容を訊いた。

No.776号(2013年09月15日号)

当社発行の書籍のご案内
ページの先頭へ