ガスレビュー
GASREVIEW Articles

No.984 2022年05月15日

液化炭酸ガス・ドライアイス特集
3

トラブルとウイルスで燻る液炭・ドライ市場

液炭需要、人流解禁や環境政策で復活に期待

 年々供給面のタイト感が増す液化炭酸ガス・ドライアイス業界だが、今年も3~4月にかけて各社主力工場でトラブルや定修が重なり、さながら春の嵐となったようだ。
 3月16日に福島県沖を震源として発生した地震の影響で、エア・ウォーター炭酸では川崎・市原の2工場が操業停止した。このうち川崎は4月上旬に再稼働したが、市原の再稼働は5月となる見込みだ。「東日本地区で大幅にドライアイスの出荷を制限せざるを得ない状況となっている。川崎工場は5月末から定修を控えており厳しい情勢だが、在庫の積み上げや他地域からのバックアップ等できる限りの対策を講じていく」(松下尚生取締役副社長)。
 加えて、2~3月中旬は昭和電工ガスプロダクツ川崎が定修期間であったほか、知多炭酸も3月に原料ガス供給側の設備不良で約1ヶ月間生産停止した。いずれもドライアイス製造設備を有する主要拠点であり、特に東日本の供給体制に大きく響くこととなった。

No.984号(2022年05月15日号)

当社発行の書籍のご案内
ページの先頭へ