ガスレビュー
GASREVIEW Articles

No.982 2022年04月15日

国際情勢
3

工業ガスでも始まったロシア包囲網

国際メジャー3社がロシア制裁に協力 新規事業開発はほとんど停止に

 リンデ、エア・リキード、エアプロダクツの3社はそれぞれ、EUをはじめとする各国政府の対ロシア制裁に基づき、同国における既存事業の縮小や停止を決めた。新規事業開発も停止する。一方で、ロシアの現地法人に対しては、従業員の安全確保や、医療用酸素や食品用ガス等のライフラインに関わる製品の供給を継続している。3社とも自社ウェブサイトに声明を発表した。
 各社の声明によると、リンデはロシアでの事業について3月、「国際的な制裁措置に完全に準拠し、制裁の影響を受けたプロジェクトを安全に終了する」ほか、「新規プロジェクトの全ての事業開発を一時停止」するとした。さらに4月に入り、「特定の顧客への供給を停止することでロシアにおける事業を縮小し、同時に資産売却も行い、拠点を減らす」意向も明らかにした。その上で、従業員とその家族らの安全確保に努めるこ
とを約束した。医療用酸素と、保安上不可欠なその他のガスについては供給を継続する。また、国際的な救援慈善団体を通じての人道的支援についても表明した。

No.982号(2022年04月15日号)

当社発行の書籍のご案内
ページの先頭へ