ガスレビュー
GASREVIEW Articles

No.980 2022年03月15日

ヘリウム供給タイト
7

2022年は「不足」「アロケーション」「値上げ」の1年にカタールと米国ソース、3月は供給不安定の見通し

 ヘリウムの供給が世界的に逼迫している。ヘリウムコンサルタントのフィル・コーンブルース氏は英gasworld に2月26日に掲載されたレポートで、「2022年のヘリウム市場は『不足』『アロケーション』『値上げ』の一年になる」とした。
 大型の新ソースとして期待されていたロシアのアムールでは、稼働直後の昨年9月と今年1月に同じ敷地内で発生した事故で稼働を停止している。コーンブルース氏は、「事故に加え、ロシア‐ウクライナ紛争の影響で、年内の再稼働は難しい」と予測する。

No.980号(2022年03月15日号)

当社発行の書籍のご案内
ページの先頭へ