ガスレビュー
GASREVIEW Articles

No.955 2020年03月01日

脱炭素特集
18

脱炭素化によるエネルギーと産業構造2つの転換への工業ガスの対応
全国で162ヶ所の水素ステーション整備へ

ジェイハイム設立後は59ヶ所整備

エネルギー転換の中で、水素のエネルギー利用の実用化が進むのがFCV向けで、その充填設備として水素ステーションは工業ガス関連企業とも関わる。2021年1月末時点で、FCVの累計販売台数は輸入車を含む4313台(日本自動車販売協会連合会より)に対して、20年12松で営業している商用水素ステーションは137ヶ所となった。20年度の次世代自動車振興センター(NeV)による水素ステーション設置補助事業に採択された件数を合わせると、全国で148基のステーション整備が確定しており、現時点で国内での商用水素ステーションは、162ヶ所整備されることになる。当初掲げられた国の水素・燃料電池ロードマップの目標値「2020年度中に160ヶ所整備」は達成される見込みとなった。

No.955号(2020年03月01日号)

当社発行の書籍のご案内
ページの先頭へ