ガスレビュー
GASREVIEW Articles

No.951 2021年01月01日

脱炭素
9

日本酸素ホールディングス、欧州でASUからのCO2排出量を20%削減

ニッポンガシズ、スペイン・ポルトガルで「グリーン電力証書」購入により実現CO2排出16万t削減、環境貢献推進で競争力強化

日本酸素ホールディングス(市原裕史郎社長CEO)傘下の欧州事業会社であるニッポンガシズは、2020年10月より深冷空気分離装置(以下、ASU)向け電力の一部を再生可能エネルギー由来とすることで、同エリアでのCO2排出量の2割に相当する年間16万tのCO2排出削減を実現する。EUが推進する環境政策〝欧州グリーンディール〟に基づき、同社では再エネ電力をスペイン・ポルトガル地域の『グリーン電力証書』を通じて購入、今回の大幅削減を実現した。同証書の活用によるASUのCO2排出削減は、スペイン・ポルトガル地域の産業ガス業界では初としている。

No.951号(2021年01月01日号)

当社発行の書籍のご案内
ページの先頭へ