ガスレビュー
GASREVIEW Articles

No.951 2021年01月01日

市場動向
3

半導体製造装置販売高、日米で高止まり

ガス関連機器に在庫調整の影響も

コロナ不況の中で、唯一好調なのが半導体産業だが、ここにきて半導体製造装置メーカーの販売高が高止まり傾向となり、同分野向けガス供給系関連機器にも一部で在庫調整局面が生まれ、生産が鈍化する傾向が見えている。
 統計を見ても明らかだ。日本半導体製造装置協会(SEAJ) が20年12月17日に発表した20年11月度販売高(暫定値)は1778億96百万円、前月比2.5%減、前年同月比3.8%減だった。一方、SEMIが同日発表した北米の半導体製造装置の10月販売高(暫定値)は、26億4060万ドル、前月比3.7%減、前年同月比26・9%増となった。

No.951号(2021年01月01日号)

当社発行の書籍のご案内
ページの先頭へ