ガスレビュー
GASREVIEW Articles

No.937 2020年06月01日

市場動向
3

コロナ騒動に翻弄される国内工業ガス市場

 新型コロナウイルスが人々を分断し、経済を動かすインフラである工業ガスにも暗い影を落としている。
 本誌が5月連休明けに実施した主要ガスメーカーに対する取材によると、2月~4月の工業ガスの出荷量は総じて低調。前年同月比は酸素が4〜8%、窒素が2〜8%、液化炭酸ガスが7~15%、水素が10~15%、ヘリウムが2~5%の減少。ほぼ前年並みを維持したアルゴンや特殊要因のある溶解アセチレンを除けば軒並みマイナスとなった。
 とはいえ、リーマンショックを超えるとされるコロナショックの割に、各ガスの減少幅はそれほど大きくない。外食、旅行、航空、アパレルといった不況業種、また工場の操業停止を余儀なくされた自動車、鉄鋼などと比べると、工業ガスへのコロナの影響は現時点においては比較的に軽微といえるのかも知れない。
 ただし歴史を振り返ると、スペイン風邪が流行した約100年前は疫病の収束に2年がかかり、その後は経済が長期的に悪化。収束から9年後の1929年に世界大恐慌が勃発している。
 「歴史は繰り返す」かどうかは神のみぞ知るところだが、工業ガスの事業運営もコロナ前には戻れない情勢になりつつある。

No.937号(2020年06月01日号)

当社発行の書籍のご案内
ページの先頭へ