ガスレビュー
GASREVIEW Articles

No.935 2020年05月01日

特集・新型コロナウイルス対策
5

自粛要請のさなかも止められない工業ガス業界の事業運営

充填・配送現場で効果的対策少ないのが悩み

 工業ガス業界は、政府が4月7日に発表した緊急事態宣言において、事業継続が求められる業種の一つである。医療ガスの生産・供給を担う我が業界は、感染症対策の最前線に立つ業種であり、台風や大地震などの大規模災害時と同様、今回のような感染症の大流行時においても、通常業務の継続が強く求められているわけだ。
 営業職をはじめとする事務方の職種ではテレワークによる感染防止策がとられているが、工場や配送現場においては、業務上、テレワークで対応することはできず、日常の業務を続けている。有事であっても通常業務を求められる業種にあって、その最前線たる充填工場や配送現場において、特別な対策は一つもなく、ただただ感染者が出ないことを祈るだけというのは非常に不安な状況にあることを強く認識させられるのである。
 本誌では、全国の工業ガス事業者が、現状如何なる対策を施し、如何なる状況で業務活動を続けているか、その実情を窺い知るためメールや電話による取材を試みた。

No.935号(2020年05月01日号)

当社発行の書籍のご案内
ページの先頭へ