ガスレビュー
GASREVIEW Articles

No.877 2017年12月01日

市場動向
5

ロングセラーのボンベ運搬車、食品・理化学向けで商戦激化

一本積みタイプ増加で年1万1300台市場に

 16年度のボンベ運搬車の国内販売台数は約1万1300台、そのうち工業用は約7200台、医療用は約4100台に達したとみられる。本誌No.830(15年12月15日号)で既報した14年度販売台数から約400台増加した形だ。
 ボンベ運搬車は、工場や作業現場、研究施設、医療機関などにおいて、作業者の負担を軽減することで、ボンベを安全に運搬するためのもの。基本パーツは、鉄やステンレス、もしくはアルミのパイプで成形された本体とタイヤ、ボンベを固定するためのチェーンで構成される。積載可能なボンベのサイズと本数は運搬車により異なる。

No.877号(2017年12月01日号)

当社発行の書籍のご案内
ページの先頭へ