ガスレビュー
GASREVIEW Articles

No.871 2017年09月01日

エネルギー
3

商船三井、大阪湾で初となる商用LNG燃料タグボート導入

19年春運航開始予定

商船三井(池田潤一郎社長)は、大阪湾で曳船作業や大型貨物船等のエスコートを行うタグボートにLNG燃料仕様の船舶導入を決定した。19年年明けに竣工、試験航行を経て、4月の運航開始を予定している。15年8月には国内初のLNG燃料船である日本郵船のタグボート「魁」が竣工したが、こちらは経産省、国交省の補助を受けた実証事業の一環。完全な商用のLNG燃料船としては商船三井のタグボートが初の案件となる。
 建造されるタグボートは240総トン、A重油とLNGの二元燃料式で、容量7㎥のLNGタンク1基を備える。このタンクにLNGを満充填した場合、2~3日の通常の曳船作業を行うことが可能という。商船三井が船主となり、金川造船が建造、ヤンマーがエンジン設計施工、エア・ウォーター・プラントエンジニアリングがタンクや気化器などガス供給関連機器の設計施工、大阪ガスがLNG供給、商船三井グループの日本栄船が現地での運航業務を担う。

No.871号(2017年09月01日号)

当社発行の書籍のご案内
ページの先頭へ