ガスレビュー
GASREVIEW Articles

No.862 2017年04月15日

地域市場再発見・東北
12

ガス溶材市場「西高東低」

「日本海側」医薬品・機械好調、「内陸部」半導体製造装置向け特需、「太平洋沿岸部」復興特需一巡

東北地域のガス溶材市場は大きな転換期を迎えている。牽引役に日本海側も加わったのである。
日本海側は鉄骨、金属に加え、後発医薬品工場進出が続き、比較的好調である。エレクトロニクスも半導体・電子部品の操業度は高い。内陸部は期待されたトヨタ関連の部品下請工場進出のスピードは鈍いものの、東京エレクトロンなど半導体製造装置向け部品特需が生まれている。一方、太平洋沿岸部は東日本大震災から6年、瓦礫除去や除染などの復興関連工事は一定目途が付き、防潮堤や嵩上げ土木工事が中心に行われている。今後は復旧計画がどう進展するかにかかっている。

No.862号(2017年04月15日号)

当社発行の書籍のご案内
ページの先頭へ