ガスレビュー
GASREVIEW Articles

No.933 2020年04月01日

地域市場再発見北関東
15

ガス需要減少マーケットで活路見出す、効率化図り果敢に攻める地元ディーラー

効率化図り果敢に攻める地元ディーラー

2020年3月中旬、新型コロナウイルス流行拡大が世界経済にダメージを与えることは決定的となり、16日には米国株式市場が大暴落。リーマンショックと比較される状況に絶望感を覚えるが、3月初旬はまだそこまで行かず、「経済にも影響が出始めるか…」と不安が頭をもたげた状況だった。そんな時期に、今回の取材対象地域、北関東(茨城・栃木・群馬)を訪ねた。唯一の臨海県である茨城は、中国との貿易の麻痺により、輸出品・輸入品に滞りがあり、その影響ですでにガス需要に影響が出ている。内陸部の取材では、そこまで影響を感じる声はなかったが、今期のこの地区の景況は「半導体・電子部品、食品・飲料関連・農機が良かったものの、頼みの自動車がパッとせず、鉄鋼も悪かった。全体にガスの需要は微減といった状況」という声が聞かれた。茨城では昨年の大型台風の被害が尾を引き、米中貿易摩擦に加え、ボディーブローのように需要に打撃を与えた。3県は、一般消費の景気も芳しくなく、人口も減り続けている。地場産業が少しずつ減少しているイメージで、故にバラ瓶需要は減少を続け、ガス事業者も淘汰されてきている。

No.933号(2020年04月01日号)

当社発行の書籍のご案内
ページの先頭へ