ガスレビュー
GASREVIEW Articles

No.931 2020年03月01日

地域市場再発見岡山・広島・山口
25

中国ガス市場、回復トレンドから一転急減速

米中貿易戦争の影響で自動車分野にブレーキ

岡山・広島・山口3県の工業ガス関連市場は、一昨年までの景気上昇に伴う回復トレンドから一転、昨年10月以降、米中貿易戦争の影響によりガスおよび関連機器の主要ユーザーの一つである自動車分野が停滞し、急減速で推移した模様だ。さらに今年に入り、日鉄日新製鋼呉製鉄所の閉鎖や中国で発生した新型肺炎の感染拡大といった話題が、先行きに暗い影を落としている。
 同地域の工業ガス関連市場は、沿岸部にまたがる石油化学・鉄鋼コンビナート群および造船業とともに発展してきた。そのためガス製造拠点も例に漏れず港湾都市に点在している。供給サイドの動向としては、19年4月に広島県福山市でエア・ウォーターと藤井商事の合弁会社、福山液酸によるVSU17号基(LO700㎥/h、LN1600㎥/h)が稼働、以降20年秋には広島県大竹市の山陽エア・ケミカルズ3号基(生産能力は非公表)が、21 年11月には山口県宇部市の日本液炭宇部工場(液化炭酸ガス200t/日、ドライアイス150t/日)がそれぞれ稼働を予定している。

No.931号(2020年03月01日号)

当社発行の書籍のご案内
ページの先頭へ