ガスレビュー
GASREVIEW Articles

No.923 2019年11月01日

地域市場再発見・近畿
19

下げ止まり見え始めた近畿ガス市場

物流改革、アプリケーション拡販、ガス価格改定、収益確保に注力する各ガス企業

 設備投資を背景に、ガス出荷量減少はようやく納まりを見せ始めた。そんな域内ガス企業は、現状のガス出荷水準でも利益を残すための改革に乗り出している。具体的には拠点の集約、物流改革、アプリケーションの拡販注力、グループ企業とのシナジー発揮、ガス価格の改定だ。各社の動向を詳報する。

No.923号(2019年11月01日号)

当社発行の書籍のご案内
ページの先頭へ