ガスレビュー
GASREVIEW Articles

No.918 2019年08月15日

特集
4

工業ガス業界の働き方改革

「単なる時短ではなく労働性向上につなげる」実効には現場最良の拡大が必要

 少子化時代に団塊世代が現役引退の時期を迎えた現在、日本の労働力不足はいよいよ現実味を帯びてきた。本誌ではこれまでにもシリンダー配送分野で労働力不足(ドライバー不足)が顕在化してきたと報じてきたが、警察庁のデータによれば、30歳未満の大型免許保持者は50歳以上の5%程度にすぎない。このまま推移すれば、ローリーをはじめとする工業ガス配送の担い手が不足するのは確実である。加えて2019年春からは「働き方改革」の名の下、時短・休暇取得の適正化が始まった。企業にとってみれば限られた労働力で如何に生産性を高め、収益向上につなげていくか、新たな経営課題となっている。

No.918号(2019年08月15日号)

当社発行の書籍のご案内
ページの先頭へ