ガスレビュー
GASREVIEW Articles

No.916 2019年07月15日

医療ガス関連市場
3

起死回生のHBO診療報酬増点、医療用酸素減少の歯止めとなるか?!

昨年度出荷実績倍増の45台へ

 酸素を大量に使う高気圧酸素治療(以下HBO)装置は、2018年診療報酬改定の大幅加点により、昨年度出荷台数は45台と前年の2倍超に伸長した模様だ。メーカーの試算によると同装置はコンスタントに治療をすれば1台で少なくとも年に3万㎥の酸素を使用するといい、積極的に治療するであろう新規採用45台分の年間酸素使用量はざっくり135万㎥ほどと計算できる。既存の装置も治療数を増やすはずなので、酸素の消費増には大いに貢献するはずである。HBOが減少の一途だった医療用酸素を増加に転じさせる起爆剤となるか、注目される。マーケットの変化と取り組みをエア・ウォーターと小池メディカルに訊いた。

No.916号(2019年07月15日号)

当社発行の書籍のご案内
ページの先頭へ