ガスレビュー
GASREVIEW Articles

No.912 2019年05月15日

タイレポート
8

自動車生産回復で再び安定成長に向かう

タイ工業ガスマーケット

ガスマーケットタイの首都バンコクから飛行機で1時間の円を描くとベトナム、カンボジア、ミヤンマーが入り、3時間だとマレーシア、インドネシア、中国南部、インドの一部も入る。さらに5時間だと北京やニューデリーを包括する。まさにアジアの中心に位置するのがタイだが、同国の工業ガス市場では、自動車生産が回復、ここ数年の停滞の時期を経て再び堅調な成長カーブを描こうとしている。さらにタイ政府では、より高付加価値な産業構造への転換を図る「Thailand4.0」構想を立案、同国東南部の東部経済回廊(EEC)を舞台に先端産業誘致に向けた大規模なインフラ・都市整備投資を目論んでいる。同地で事業活動を行っている日系工業ガス企業もその行く末を、期待を込めて見守っているところだ。

No.912号(2019年05月15日号)

当社発行の書籍のご案内
ページの先頭へ