ガスレビュー
GASREVIEW Articles

No.908 2019年03月15日

海外市場
9

リンデの米国事業分離完了

メッサーが大半を取得、大陽日酸HyCO事業を手中に

 政府機関閉鎖の影響で遅延していたリンデの米国ガス事業分離は、このほどFTCの承認手続きが終了、これでリンデ- プラックス合併による一連の事業分離案件は全て完結したことになる。大陽日酸(市原裕史郎社長CEO)は2月27日付(米国時間)でHyCO事業の一部および関連資産の買収を完了したと発表した。取得対象資産は5ヶ所8基のHyCOプラント、および関連するパイプライン、遠隔監視システム。プラントはアラバマ、イリノイ、オハイオ、ワシントンの4州に所在、このほかテキサス州ではパイプラインと遠隔監視システムのみ取得した。

No.908号(2019年03月15日号)

当社発行の書籍のご案内
ページの先頭へ