ガスレビュー
GASREVIEW Articles

No.900 2018年11月15日

市場動向
17

世界的な需給タイト化に向かうヘリウム

 中国をはじめとする需要成長を背景に世界のヘリウム供給が再びタイト化に向かっている。2013年のカタールⅡ以来、大口の新プラント稼働がなく、米国BLMがシャットダウンまでカウントダウンを始めている。世界のヘリウムサプライヤー各社の流通在庫は、殆ど余力がなく、19年に向けて国内においても調達活動は厳しさを増しそうだ。

No.900号(2018年11月15日号)

当社発行の書籍のご案内
ページの先頭へ