ガスレビュー
GASREVIEW Articles

No.894 2018年08月15日

市場動向
9

半導体製造装置向けガス関連機器市場〝変調〞
受注スローダウン傾向、SEAJは強気見通し変えず

SEAJは強気見通し変えず

 半導体製造装置向けガス供給系機器市場に変調の兆しが表れている。4月以降、「受注残の数量が目に見えて減ってきた」「生産体制に余力が出来てきた」という実感をガス機器メーカーから複数聞いた。
 但し、これまでのシリコンサイクルのような急激なダウンではない。受注が横這いになった程度だ。SEAJ(日本半導体製造装置協会)が発表した6月度の日本製半導体製造装置(3ヶ月平均)販売高は1788億98百万円、前年同月比で16・9%増と悪くはない。しかし4月31・6%増、5 月29・9%増に比べると明らかに増加率は減少している。

No.894号(2018年08月15日号)

当社発行の書籍のご案内
ページの先頭へ