ガスレビュー
GASREVIEW Articles

No.892 2018年07月15日

経営
3

大陽日酸、プラックス=リンデ合併に際し、プラックスエアの欧州事業、約6400億円で取得

総売上1600億円超、同社米国事業に匹敵する規模

大陽日酸(市原裕史郎社長CEO)は、7月5日、米国プラックスエアの欧州事業を約6400億円で買収、子会社化することで合意、同社と株式売買契約を締結した。プラックスエアでは、独リンデとの合併に際し、昨年6月1日にアイルランドに新たな持株会社「リンデ・パブリック・リミテッド」を設立し、合併することで合意しているが、合併に際し、世界各地域の競争法当局から事業の一部分割、譲渡が求められていた。欧州においては欧州委員会がプラックスエアの事業について第三者に譲渡することを求めていた。

No.892号(2018年07月15日号)

当社発行の書籍のご案内
ページの先頭へ